オンデマンド配信を終了いたしました。 多くの方にご視聴いただきまして、ありがとうございました。 引き続き、アンケートへのご協力をお願いします。
Veriserve Mobility Initiative 2024 (ベリサーブ モビリティ イニシアティブ) について
Veriserve Mobility Initiative 2024 (ベリサーブ モビリティ イニシアティブ)について
Veriserve Mobility Initiative(VMI)は、 2021年よりベリサーブが主催しているMaaS/CASE時代の最先端技術カンファレンスです。 2024年6月26日(水)と27日(木)ライブ配信しましたVeriserve Mobility Initiative 2024は、多くの方にご参加いただき、盛況のうちに終了しました。 今回は『世界で打ち克つ「モビリティ品質」を考える-SDV時代の日本のモビリティ・イノベーションを加速する-』をテーマに、最前線に立つ有識者や開発に取り組むゲストをお招きし、モビリティの最先端事情と、そこで必要とされる「品質創造」を参加いただいた方々に共有しました。 この度、ライブ配信にご参加いただけなかった方や、もう一度内容を確認したい方へ向けて、『Veriserve Mobility Initiative 2024』の講演内容を期間限定でオンデマンド配信します。 ぜひご視聴ください。
Veriserve Mobility Initiative 2024の各講演をオンデマンドでご視聴いただけます。見逃した講演、また見たい講演など、ぜひご視聴ください。
Veriserve Mobility Initiative 2024の各講演を オンデマンドでご視聴いただけます。 見逃した講演、また見たい講演など、ぜひご視聴ください。
青木 俊介 アオキ シュンスケ
チューリング株式会社 取締役CTO/ 国立情報学研究所 助教
チューリング株式会社 取締役CTO/国立情報学研究所 助教
生成AI・大規模言語モデル(LLM)の出現に伴い、運転シーンの理解・運転行動の決定・運転データの検索システム・車両のデザインまで大きく様変わりし、自動運転技術も大きく変化・進展しています。本講演では、チューリング社が開発してきた世界初のLLM自動運転システム・マルチモーダルライブラリ「Heron」と、生成AIを使った車両デザインを紹介し、生成AIと世界モデルによって期待される完全自動運転システムの未来・最新研究事例・生成AIと自動運転AIの共通点について、アカデミックな観点から詳しく説明します。
金治 克典 カナジ カツノリ
株式会社ベリサーブ 中部モビリティ第一事業部 第一課
車載OTA(Over the Air)元年といわれた2020年から4年が経過し、OTAによる車両の性能アップ、脆弱性への対応が実装されてきています。安全性への担保、運用上の課題解決、他システムとの連携、内製化による差別化の検討など、従来の車両開発以上に多くの対応に迫られています。本講演では、車載OTAの現状と当社の考え方や取り組みについて紹介します。
藤原 洋平 フジワラ ヨウヘイ
株式会社ベリサーブ サイバーセキュリティ事業部 脆弱性マネジメント課
SBOM(Software Bill Of Materials:ソフトウェア部品表)という言葉が普及し始めてから数年がたちました。当初はSBOMに記載すべき内容や、現場レベルでの具体的な活用方法が不透明な部分も多くありましたが、近年では、各種業界や団体でのSBOMへの理解が深まり、SBOM運用のガイドラインなどが発行される状況となりつつあります。本講演では、SBOMに関する各国の法規の動向や、最新のSBOM情報をお伝えします。
井上 博之 イノウエ ヒロユキ
京都産業大学 情報理工学部 教授
車載システムのセキュリティ対策がますます重要になっている中で、自動車は移動体IoTデバイスの一つとして非常に複雑なシステムとなっており、その理解や設計のためにはOS、ネットワーク、クラウドなどの要素技術を身に付けることも求められています。本講演では、近年の自動車アーキテクチャの大きな変化と人材教育について触れ、自動車で広く使われているCANプロトコルの初学者向けトレーニングプラットフォーム開発と、それを使った解析・なりすましなどの実習について紹介します。
伊藤 建 イトウ タケル
経済産業省 製造産業局 自動車課 モビリティDX室 室長
昨今の自動車・モビリティは、GXとDXでの2軸で産業構造や競争環境の変化が進んでいます。また、自動車産業を取り巻くデジタル技術の進展に伴い、今後、DXがGXと並ぶ大きな競争軸となっていきます。経済産業省では、「モビリティDX検討会」を開催して官民での議論を深め、SDV、自動運転やMaaSといった新たなモビリティサービス、企業を超えたデータ利活用など、DX全体を貫く戦略の策定を行っています。本講演では「モビリティDX検討会」の内容を中心に、経済産業省の取り組みを紹介します。
上松 明日香 ウエマツ アスカ
株式会社ベリサーブ 東日本モビリティ第四事業部 データサービス課
本講演では、ISO26262、ISO/SAE21434、A-SPICEに基づく機能安全とサイバーセキュリティ対応の新たなガイドライン、テンプレート整備について解説します。具体的には、既存プロセスへの各種規格適合のための事例紹介と、信頼性の高いソフトウェア開発を確保するためのFMEA手法の構築に焦点を当てます。さらに、これらの手法を導入し適用するために有効な、PMO(プロジェクトマネジメントオフィス)の実践的な役割と活動についても解説します。
横田 浩行 ヨコタ ヒロユキ
株式会社ベリサーブ ConTrack事業開発部 開発課 課長
トレーサビリティ管理とドキュメント構成管理を組み合わせた差分・変化点分析と影響範囲分析により、開発のQCD向上に寄与する「ConTrack」はますます多くのお客様に関心を持っていただけるようになりました。最近では、ヒューマンエラーの抑止、開発期間の短縮を目的とした自動化を含め、従来のDevOpsの考え方を設計工程にも取り入れることで、"Document-DevOps"とも呼べるような開発環境の構築に関心が集まりつつあります。本講演では、ベリサーブが考える"Document-DevOps"が何なのか、「ConTrack」が目指す方向はどういったものなのかをお伝えします。
庄井 美章 ショウイ ヨシアキ
ASAM Representative of ASAM Japan
自動車業界内で標準化を進めるASAMでは、OEM、サプライヤー、ツールベンダー、サービスプロバイダー、研究機関などからなる国際的なメンバーに中立的な協働プラットフォームを提供し、非競争な領域における実装レベルの標準を策定しています。本講演では、その実績から自動運転検証に関わる標準化の現状および将来について概説し、どのような領域が標準化されているかを説明します。また、ASAMに参加する事で実現できる点についても紹介します。
新規登録しようとすると、「メールアドレスは既に使用されています」と表示されて登録できません。
既に本サイトでアカウント登録されている場合、同じメールアドレスでの新規登録はできません。
登録確認のメールが届きません。
ご登録いただいてから、登録完了メールは通常数分程度で届きます(通信の状況などにより遅れる場合があります)。ご登録の際にメールアドレスの誤入力があった場合や、迷惑メールフィルターなどによりメールが届かない場合もありますので、[email protected]からのメールが受信できる設定になっていることを今一度ご確認ください。
パスワードを忘れてしまいました。
ログイン画面にある「ユーザー名またはパスワードを忘れた場合」よりパスワードの再発行手続きを行ってください。
ログインができません。
【ライブ配信にお申し込みいただいた方】 事前にお送りしました「参加御礼+オンデマンドご視聴ご案内」のメールに記載されている「ユーザー名」「パスワード」が正しく入力されていることを今一度ご確認ください。 【当ページから新規登録いただいた方】 登録完了メールに記載されている「ユーザー名」「パスワード」が正しく入力されていることを今一度ご確認ください。「ユーザー名」はメールアドレス、入力可能文字は半角英数字・半角記号です。正しく入力されているにも関わらずログインできない場合は[email protected]までお問い合わせください。 ※「ユーザー名」はメールアドレス、入力可能文字は半角英数字・半角記号です。正しく入力されているにも関わらずログインできない場合は[email protected]までお問い合わせください。
推奨環境について教えてください。
推奨環境は以下の通りです。 OS:Windows 8.1以降、macOS 10.13以降、Android 8以降、iOS 13以降 ブラウザ:Chrome、Firefox、Safari、Edgeの各最新版
ライブ配信にも参加したのですが、その際のID・パスワードで視聴できるのでしょうか?
ID・パスワードはライブ配信時のものと共通です。
申込時に記入した個人情報はどのように管理されているでしょうか?
個人情報については当社にて厳格に管理しております。詳細は「個人情報の取り扱いについて」も合わせて参照ください。
カンファレンスの参加をキャンセルしたいのですが
特にキャンセルのお手続きは必要ありません。
スマートフォン・タブレットでも視聴は可能でしょうか?
可能です。詳細は以下の推奨環境をご覧ください。 OS:Windows 8.1以降、macOS 10.13以降、Android 8以降、iOS 13以降 ブラウザ:Chrome、Firefox、Safari、Edgeの各最新版
本イベントの録画や録音はできますか?
著作権や個人情報保護の観点により、講演中の録画・録音・撮影および映像の複製は固く禁じております。ご了承ください。
社内のセキュリティが厳しく、こちらのサイトから視聴ができません。他の視聴方法はありませんか?
申し訳ございませんが、配信は本サイトからのみとなります。 あるいは、個人でご利用のPC・タブレットなど、セキュリティブロックのかからない環境からの接続もお試しください。
マイクやカメラが無いと視聴はできないのでしょうか?
マイクやカメラは不要です。スピーカーとブラウザのみでご視聴いただけます。
音声が聞こえませんがどうしたらよいでしょうか?
ご利用の端末本体、もしくは動画ビューアーのサウンドがオフになっていないでしょうか。ご確認ください。
1台の端末で複数人が視聴することは可能でしょうか?
特に制限は設けておりませんが、極力参加ご希望の方の人数分のお申し込みをお勧めしています。
1つのアカウントを複数名で共有する事は可能でしょうか?
アカウントの共有はご遠慮いただいております。参加ご希望の方の人数分お申し込みくださいますよう、お願いいたします。
カンファレンスのスライド資料を送ってもらえますか?
本カンファレンスに関するアンケートに回答いただくと、各講演資料をダウンロードいただけます。
ベリサーブの思い