世界のモビリティ開発の 「いま」がわかる! 最前線からのメッセージ!
世界のモビリティ開発の「いま」がわかる! 最前線からのメッセージ!
本イベントはこの様な方々に おすすめです。
本イベントはこの様な方々に おすすめです。
開催期間:2024.6/26 wed. 〜 6/27 thu. 13:00〜15:45【オンライン開催】 ※お申し込み受付期間は6月25日(火)12:00まで 参加費:無料(ご視聴いただくには、事前申し込みが必要です。)
開催期間:2024.6/26 wed. 〜 6/27 thu. 13:00〜15:45【オンライン開催】
※お申し込み受付期間は6月25日(火)12:00まで
参加費:無料(ご視聴いただくには、事前申し込みが必要です。)
対象:モビリティ関連の業務を通じて日々ソフトウェアの品質改善や向上に携わっている方々 OEM、部品メーカー、自動運転、EV開発、MaaS関連企業の担当者様 関連システムのセキュリティ対策の担当者様 など 主催:株式会社ベリサーブ
対象:モビリティ関連の業務を通じて日々ソフトウェアの品質改善や向上に携わっている方々 OEM、部品メーカー、自動運転、EV開発、MaaS関連企業の担当者様 関連システムのセキュリティ対策の担当者様 など 主催:株式会社ベリサーブ
カンファレンス視聴方法の詳細は、事前にご登録いただいたメールアドレスにご連絡いたします。
※注意事項
  • フリーアドレスではなく所属企業のアドレスにてお申し込みをお願いします。
  • 配信内容の録音・録画ならびにそのデータのインターネット上への公開はご遠慮ください。
  • 講演内容および時間は予告なく変更される場合があります。
  • ベンダー様、競合企業様、個人(事業主を含む)のお申し込みはお断りさせていただく場合があります。あらかじめご了承ください。
  • お申し込み多数の場合は抽選となります。
問い合わせ先:株式会社ベリサーブ VMI事務局 [email protected]
問い合わせ先:株式会社ベリサーブ VMI事務局 [email protected]
Conference Schedule
詳細が決まり次第 ご紹介いたします。
詳細が決まり次第ご紹介いたします。

12:45

展示ブースをご覧ください

13:00

お知らせ

13:05
青木 俊介 アオキ シュンスケ
チューリング株式会社 取締役CTO/ 国立情報学研究所 助教/ 名古屋大学 客員准教授/JSTさきがけ研究員
チューリング株式会社 取締役CTO/国立情報学研究所 助教/ 名古屋大学 客員准教授/JSTさきがけ研究員
生成AI・大規模言語モデル(LLM)の出現に伴い、運転シーンの理解・運転行動の決定・運転データの検索システム・車両のデザインまで大きく様変わりし、自動運転技術も大きく変化・進展しています。本講演では、チューリング社が開発してきた世界初のLLM自動運転システム・マルチモーダルライブラリ「Heron」と、生成AIを使った車両デザインを紹介し、生成AIと世界モデルによって期待される完全自動運転システムの未来・最新研究事例・生成AIと自動運転AIの共通点について、アカデミックな観点から詳しく説明します。
13:45
金治 克典 カナジ カツノリ
株式会社ベリサーブ 中部モビリティ第一事業部 第一課
車載OTA(Over the Air)元年といわれた2020年から4年が経過し、OTAによる車両の性能アップ、脆弱性への対応が実装されてきています。安全性への担保、運用上の課題解決、他システムとの連携、内製化による差別化の検討など、従来の車両開発以上に多くの対応に迫られています。本講演では、車載OTAの現状と当社の考え方や取り組みについて紹介します。
14:15

休憩 展示ブースをご覧ください

14:25
藤原 洋平 フジワラ ヨウヘイ
株式会社ベリサーブ サイバーセキュリティ事業部 脆弱性マネジメント課
SBOM(Software Bill Of Materials:ソフトウェア部品表)という言葉が普及し始めてから数年がたちました。当初はSBOMに記載すべき内容や、現場レベルでの具体的な活用方法が不透明な部分も多くありましたが、近年では、各種業界や団体でのSBOMへの理解が深まり、SBOM運用のガイドラインなどが発行される状況となりつつあります。本講演では、SBOMに関する各国の法規の動向や、最新のSBOM情報をお伝えします。
14:55
井上 博之 イノウエ ヒロユキ
京都産業大学 情報理工学部 教授
車載システムのセキュリティ対策がますます重要になっている中で、自動車は移動体IoTデバイスの一つとして非常に複雑なシステムとなっており、その理解や設計のためにはOS、ネットワーク、クラウドなどの要素技術を身に付けることも求められています。本講演では、近年の自動車アーキテクチャの大きな変化と人材教育について触れ、自動車で広く使われているCANプロトコルの初学者向けトレーニングプラットフォーム開発と、それを使った解析・なりすましなどの実習について紹介します。
15:35

展示ブースをご覧ください また、アンケートのご記入にご協力ください

15:45

12:45

展示ブースをご覧ください

13:00

お知らせ

13:05
伊藤 建 イトウ タケル
経済産業省 製造産業局 自動車課 モビリティDX室 室長
昨今の自動車・モビリティは、GXとDXでの2軸で産業構造や競争環境の変化が進んでいます。また、自動車産業を取り巻くデジタル技術の進展に伴い、今後、DXがGXと並ぶ大きな競争軸となっていきます。経済産業省では、「モビリティDX検討会」を開催して官民での議論を深め、SDV、自動運転やMaaSといった新たなモビリティサービス、企業を超えたデータ利活用など、DX全体を貫く戦略の策定を行っています。本講演では「モビリティDX検討会」の内容を中心に、経済産業省の取り組みを紹介します。
13:45
上松 明日香 ウエマツ アスカ
株式会社ベリサーブ 東日本モビリティ第四事業部 データサービス課
本講演では、ISO26262、ISO/SAE21434、A-SPICEに基づく機能安全とサイバーセキュリティ対応の新たなガイドライン、テンプレート整備について解説します。具体的には、既存プロセスへの各種規格適合のための事例紹介と、信頼性の高いソフトウェア開発を確保するためのFMEA手法の構築に焦点を当てます。さらに、これらの手法を導入し適用するために有効な、PMO(プロジェクトマネジメントオフィス)の実践的な役割と活動についても解説します。
14:15

休憩 展示ブースをご覧ください

14:25
横田 浩行 ヨコタ ヒロユキ
株式会社ベリサーブ ConTrack事業開発部 開発課 課長
トレーサビリティ管理とドキュメント構成管理を組み合わせた差分・変化点分析と影響範囲分析により、開発のQCD向上に寄与する「ConTrack」はますます多くのお客様に関心を持っていただけるようになりました。最近では、ヒューマンエラーの抑止、開発期間の短縮を目的とした自動化を含め、従来のDevOpsの考え方を設計工程にも取り入れることで、"Document-DevOps"とも呼べるような開発環境の構築に関心が集まりつつあります。本講演では、ベリサーブが考える"Document-DevOps"が何なのか、「ConTrack」が目指す方向はどういったものなのかをお伝えします。
14:55
庄井 美章 ショウイ ヨシアキ
ASAM Representative of ASAM Japan
自動車業界内で標準化を進めるASAMでは、OEM、サプライヤー、ツールベンダー、サービスプロバイダー、研究機関などからなる国際的なメンバーに中立的な協働プラットフォームを提供し、非競争な領域における実装レベルの標準を策定しています。本講演では、その実績から自動運転検証に関わる標準化の現状および将来について概説し、どのような領域が標準化されているかを説明します。また、ASAMに参加する事で実現できる点についても紹介します。
15:35

展示ブースをご覧ください また、アンケートのご記入にご協力ください

15:45